インストールの途中だビルは東京都品川区にあるシェアアトリエ。25組40名のクリエイターの創作空間。展示やイベントが開催される多目的空間「インストジオ」もあります。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-
TV放送記念!3/25(水)に「アトリエ・見学ツアー」開催決定!(応募締切 3/16)

(2/28追記)TV番組をご覧になられた皆さまへ
インストールの途中だビルはクリエイターの「作業場」で非公開の場所のため、一般の方はご来場できませんのでビルへお越しになることは固くお断りさせていただきます。(ビル内メンバーからイベント開催や期間限定ショップなど特別なアナウンスがある場合を除きます)
過去に警察に通報させていただくことになった例もございますので、ご理解のほどお願いいたします。

もし一般の方でご来場や見学を希望される方は3/26にアトリエの見学ツアーを開催しますので、ぜひそちらにご参加ください。


夜の巷を徘徊する放送記念!アトリエ見学ツアー詳細は下記!

 

2月・3月にテレビ朝日系「夜の巷を徘徊する」での3週連続(!)放送を記念して、

ビル内の見学ツアーを開催しようと思います!

 

人数限定となりますが、ご希望の方はふるってご応募ください!

 

シェアアトリエ探訪ツアー -総勢40名のクリエイターが集うビルを巡り話そう-

 

・日にち:2020年3月25日(水)19時〜20時30分

・場所:インストールの途中だビル(品川区戸越6-23-21 1階)

        インストールの途中だビルHP
・参加費:2000円(懇親会は別途)

・定員:10名

 

☆多数のお申し込みが予想されますので、お申し込み頂いた方の中から抽選とさせて頂きます。

☆コロナウイルスの状況によってはイベント延期の可能性があることをご承知おきください。

 

・お申し込み方法:このフォームからご記入をお願いいたします

 

・応募〆:3/16(月)(3/20までに抽選結果をお伝えいたします)
・お問い合わせ: hello@drmt.infoまたは03-6231-7619


 

・イベント内容:

 

2月・3月に放送される「夜の巷を徘徊する」に連動して、インストールの途中だビルでは「アトリエ・ツアー」を開催することになりました。

数年間使用されていない6階建ての空きビルへ作家が次々と拠点を構え、2012年に「 中延駅(東急大井町線)」 「荏原中延駅(東急池上線)」近くに誕生したのがビル型シェアアトリエ 「インストールの途中だビル」です。

 

現在は現代美術家やファッションデザイナー、演劇団体、建築家、靴職人、 ジュエリーデザイナーなど多業種 20組 約40名が共同運営する、交流も活発な「創作活動の場」となっています。

 

今回は「インストールの途中だビル」のクリエイターの各シェアアトリエを訪ね歩き、作品や活動内容・生き様・ シェアアトリエの日々などを伺い、ビルができた経緯やビル自体のコンセプトなどをお伝えします。その後、集まったお客さん同士の交流もはかります。案内人は「インストールの途中だビル」 の企画・運営を行う今村ひろゆき(まちづくり会社ドラマチック)です。

 

・案内人 今村ひろゆき

「まちの活動人口を増やす」ことをミッションとした、2010年からまちづくり会社ドラマチックの活動を開始。

○インタビュー記事
https://greenz.jp/2017/06/13/drmt_imamura_hiroyuki/
○自社事業
・進化続けるクリエイター・シェアアトリエ「インストールの途中だビル」http://install-bldg.weebly.com/

・ワクワク見つかる現代の公民館「SOOO dramatic!」(メトロ設計との共同事業)http://sooo-dramatic.com/
・「好き・やりたい」を応援するコワーキング&シェアアトリエ「reboot」(メトロ設計との共同事業)http://www.reboot-iriya.info/
そのほか、公共施設の企画運営、地域イベントの企画運営、デザイン業務など

イベント予告
スポンサーサイト
-