インストールの途中だビルは東京都品川区にあるシェアアトリエ。25組40名のクリエイターの創作空間。展示やイベントが開催される多目的空間「インストジオ」もあります。
【11/23開催!】シェアアトリエ探訪ツアー-総勢40名のクリエイターが集うビルを巡り話そう-

申し込み方法を追記しました!(2018/10/25)

 

 

11月に開催される「生活名所 池上線https://seikatsumeisho.com/ のイベントに連動して、インストールの途中だビルでは「アトリエ・ツアー」を開催することになりました。

上記の概要は右記。 https://shinagawa-kanko.or.jp/event/ikegamimaturi/

 

ご興味ある方、ぜひご参加ください!

そして、私(今村)と一緒に乾杯しましょう!

 

 

 

「シェアアトリエ探訪-総勢40名のクリエイターが集うビルを巡り話そう-」

・日時:11月23日(祝)17時から18時30分(お時間許す方はその後懇親会へ)

・場所:インストールの途中だビル(品川区戸越6-23-21)1階入り口付近に集合

・参加費:1500円(懇親会は別途)

・定員:10名

・参加のお申し込みはこちら(2018.10.25追記!)

https://goo.gl/forms/KjfXNXG6D1etzc3b2

・概要:数年間使用されていない6階建ての空きビルへ作家が次々と拠点を構え、2012年に「荏原中延駅(東急池上線)」「中延駅(東急大井町線)」近くに誕生したのがビル型シェアアトリエ 「インストールの途中だビル」です。現在は現代美術家やファッションデザイナー、演劇団体、建築家、靴職人、ジュエリーデザイナーなど多業種 25組 約40名が共同運営する、交流も活発な「創作活動の場」となっています。

 

 

今回は「インストールの途中だビル」のクリエイターの各アトリエを訪ね歩き、作品や活動内容・生き様・シェアアトリエの日々などを伺い、その後、集まったお客さん同士の交流もはかります。案内人は「インストールの途中だビル」の企画・運営を行う今村ひろゆき(まちづくり会社ドラマチック)です。

 

 

 

○案内人の今村について:

 

3歳〜7歳は親の仕事の都合でトルコに在住、インターナショナルスクールで様々な国の子供たちと友達になる。大学時代に世界を股にかけ仕事をすることを夢見て、バックパッカーで100日10か国へ。

 

大学卒業後、電機メーカーに勤務するが、学生時代のバックパッカー時代に感じた「まちづくりを仕事にしたい」を思い出し、商業施設やまちづくりプロデュース会社へ転職。

 

その後、2足のわらじ(複業)をしながら、「まちの活動人口を増やす」ことをミッションとした、まちづくり会社ドラマチックを設立。2014年独立。

 

○インタビュー記事

https://greenz.jp/2017/06/13/drmt_imamura_hiroyuki/

 

○自社事業

・進化続けるクリエイター・シェアアトリエ「インストールの途中だビル」

http://install-bldg.weebly.com/

・ワクワク見つかる現代の公民館「SOOO dramatic!」(メトロ設計との共同事業)

http://sooo-dramatic.com/

・「好き・やりたい」を応援するコワーキング&シェアアトリエ「reboot」(メトロ設計との共同事業)

http://www.reboot-iriya.info/

 

そのほか、公共施設の企画運営、地域イベントの企画運営、デザイン業務など

 

 

インストールの途中だビルのSNSは下記。

ぜひフォローしてくださいね。

 

https://www.facebook.com/installbldg/

https://www.instagram.com/install_bldg/

イベント予告
スポンサーサイト
-